副腎で分泌されるホルモン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

溝口徹著「「疲れ」がとれないのは糖質が原因だった」より、副腎が分泌するホルモンを紹介します。

副腎は外側の副腎皮質と中心にある副腎髄質に分けられます。ちょうど卵の白身部分が副腎皮質、黄身の部分が副腎髄質です。

これらはそれぞれ次のようなホルモンを分泌します。

  • 副腎皮質
    • グルココルチコイド(コルチゾールなど)
    • ミネラルコルチコイド
    • 性ホルモン(DHEA)
  • 副腎髄質
    • アドレナリン
    • ノルアドレナリン

また、本間良子著「しつこい疲れは副腎疲労が原因だった」によると、ドーパミンも副腎で分泌されるそうです。

副腎で分泌されるホルモン

まとめると、副腎で分泌されるホルモンは次のようになります。

  • グルココルチコイド(コルチゾールなど)
  • ミネラルコルチコイド
  • DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)
  • アドレナリン
  • ノルアドレナリン
  • ドーパミン
スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*