慢性疲労症候群の初期処方薬はビタミンCと補中益気湯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

病院で慢性疲労症候群と診断された場合、初期の処方ではビタミンC(アスコルビン酸)と漢方の補中益気湯を処方するのが基本のようです。

この2つを投与して疲労回復の効果を狙います。

詳しくは次の2記事を参考にしてください。

(参考文献:溝口徹著「「疲れ」がとれないのは糖質が原因だった」)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*