男性更年期の症状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

男性更年期の症状を男性医療権威の堀江重郎著「ホルモン力が人生を変える」より紹介します。

男性更年期の症状(男性ホルモンが減少して起こる症状)は大きく分けて身体面と精神面の2つに分けられます。

  • 身体面
    • 筋力低下
    • 筋肉痛
    • 疲労感
    • ほてり
    • 発汗
    • 頭痛
    • めまい
    • 耳鳴り
    • ED
    • 「朝立ち」の消失
    • おしっこが近くなる(頻尿)
  • 精神面
    • 健康感の減少
    • 不安
    • いらいら
    • 抑うつ
    • 不眠
    • 集中力の低下
    • 記憶力の低下
    • 性欲の減退

このようになっています。

(参考文献:堀江重郎著「ホルモン力が人生を変える」)

テストステロンの働き・減った場合に起こる変化

男性ホルモンの主役テストステロンの「働き」や「減った場合に起こる変化」などは次で記事にしていますので参考にしてみてください。

参考:テストステロンの主な働き

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*