男性ホルモンが作用する組織

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

男性ホルモンが作用する組織を堀江重郎著「ホルモン力が人生を変える」より紹介します。

男性ホルモンの種類

ひと言に男性ホルモンと言っても以下の種類があります。

  • テストステロン ←95%:睾丸(精巣)で作られる
  • ジヒドロテストステロン(DHT:Dihydrotestosterone)
  • デヒドロエピアンドロステロン(DHEA:Dehydroepiandrosterone) ←5%:副腎で作られる
  • アンドロステロン(androsterone)
  • アンドロステンジオン(androstenedione)

参考:男性ホルモンの種類

厳密には男性ホルモンは上記のようにたくさんあるのですが一般的には「男性ホルモン=テストステロン」という意味合いで使われることが多いです。また「全男性ホルモンの95%がテストステロンから成る」ことを考えても「男性ホルモン≒テストステロン」と言うこともできるかもしれません。

その男性ホルモンの主役「テストステロン」は5α還元酵素の働きで「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されます。

テストステロンは次の部位で5α還元酵素の働きでジヒドロテストステロン(DHT)に変換される。

  • 前立腺
  • 陰茎
  • 毛根にある毛嚢(もうのう)

男性ホルモンが作用する組織

ここでは男性ホルモンの95%を占めるテストステロン。と、そのテストステロンが変化して作られるジヒドロテストステロン(DHT)が働く組織を紹介します。

  • テストステロンが働く組織
    • 下垂体
    • 腎臓
    • 筋肉
    • 顎下腺(がっかせん)
  • ジヒドロテストステロン(DHT)が働く組織
    • 精巣上皮
    • 精巣上体
    • 精管
    • 前立腺
    • 陰茎
    • 毛嚢
    • 皮脂腺

このようになっています。

(参考文献:堀江重郎著「ホルモン力が人生を変える」)

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*